2007年10月23日

秋田でもでちゃった・・比内地鶏偽装・・

今年の春の不二屋から始まって・・「中国輸入食品の危険性」だとか「白い恋人」や「赤福」や・・食品の安全生や食品の偽装問題のニュースが本当に多いです

で、秋田県でも「食品偽装問題」発生していました・・

あー恥ずかしい・・

問題になったのは比内地鶏・・

比内地鶏は・・名古屋コーチン(愛知県)、薩摩地鶏(鹿児島県)と並び日本三大地鶏の一つとして知られているようです。

比内地鶏は秋田の名物きりたんぽには欠かせない食材のようで、濃い出汁が取れるということで、使われます。

比内地鶏は食感は固めで・・焼き鳥にして美味しいか否かは、意見が別れるところのようです。

比内地鶏は高価なためか、お土産品として色々と加工されて、売られていますが、その比内地鶏の加工品が、実は、「廃鶏」と呼ばれる卵を産まなくなった採卵用の雌鶏(めんどり)を使って偽装加工品を製造していた・・なんて・・・それも10年以上も前から・・・今回問題になっている秋田県大館市の加工会社「比内鶏」の商品23種類のうち12種類もの商品で偽装が行われているそうです。

たぶん、この比内鶏の商品をワタシは何種類か買って、実家他友人多数に差し上げてます・・・

あー恥ずかしい・・・・

問題となっている会社の社長は行方不明中だそうです。
あきれはててしまいます・・・

比内地鶏、賞味期限も偽装=薫製の2商品
(10/22)比内地鶏、社長が偽装指示…おでん用煮卵など4品も
(10/22)ニセ比内地鶏は廃鶏、「肉硬く歯ごたえ」と
(10/22)秋田の比内地鶏、薫製の肉と卵で偽装発覚



posted by リョウママ at 05:35 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 比内地鶏偽装問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。