2008年01月17日

芥川賞に川上未映子さん、直木賞は桜庭一樹さん

芥川賞に川上未映子さん、直木賞は桜庭一樹さん
1月17日1時19分配信 読売新聞

芥川賞を受賞した川上未映子さんと直木賞を受賞した桜庭一樹さん

 第138回芥川賞・直木賞日本文学振興会主催)の選考会が16日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞川上未映子(みえこ)さん(31)の「乳(ちち)と卵(らん)」(文学界12月号)、直木賞桜庭一樹(さくらば・かずき)さん(36)の「私の男」(文芸春秋刊)が決まった。

 川上さんは1976年、大阪府生まれで、2002年に歌手デビューし、詩や小説も発表。昨年、小説デビュー作などで第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞を受賞。今回2度目の候補で、栄冠を射止めた。

 受賞作は、豊胸手術をするため大阪から東京にいる妹のもとを訪れた39歳のホステスと、それに同行した小学生の娘の物語。狭いアパートで過ごした3日間を息の長い文体で描いた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000315-yom-soci

芥川賞純文学の新人に与えられる文学賞。大正時代を代表する小説家の一人芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木賞とともに創設し、以降年2回発表される。
受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2006年現在)が授与され、受賞作は『文藝春秋』に掲載される。

2007年現在の選考委員は池澤夏樹、石原慎太郎、小川洋子、川上弘美、黒井千次、高樹のぶ子、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名。選考会は、料亭・新喜楽の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。

直木賞:大衆文学の新人に与えられる文学賞。
授賞する作品は選考委員の合議によって決定され、受賞作は『オール讀物』に掲載される

芥川賞受賞川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 -、本名:川上 三枝子(読みは同じ))は、日本のミュージシャン、文筆家、小説家。自称、文筆歌手。関西弁を用いたリズムある文体が特徴で、自我をテーマとした作品が多い。永井均に影響を受けたと語っている。

直木賞受賞桜庭 一樹(さくらば かずき、女性、1971年7月26日 - )は、日本の小説家、ライトノベル作家。



posted by リョウママ at 02:44 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

食い逃げされてもバイトは雇うな

台風の接近のせいか、蒸し暑かった昨日・・
台風9号、東日本接近の恐れ=暴風や高波に警戒−気象庁
子供も大人もお疲れ気味の今日この頃・・
ワタシは元気なんですけど^^

リョウマは先週あたりからひとりでお風呂にはいるようになりました。

で、主人も飲み会の昨夜、リョウマが寝た後、読みふけった本が

さおだけ屋はなぜ潰れないのか」が現在158万部売れているという公認会計士、山田真哉さんの最新刊

食い逃げされてもバイトは雇うな」(光文社新書)を読みふけっていました。

本の帯には「1時間で読めて一生効果が続く「数字&会計の入門書」・・とありましたが・・

1時間で読むのはムリみたい(^^;)

読めたとしても・・なにがなんだか理解できないですーー\(*≧∇≦)/

でもね、「食い逃げされてもバイトは雇うな」(光文社新書)・・

ぱらぱらって読み薦めて、ぱたっと寝ちゃいましたけど、またじっくり読み直すつもり・・


食い逃げされてもバイトは雇うな」・・・・

なぜ、バイトを雇うな・・というのか・・もう、気がつけば、ホントに目からうろこ・・。

そうだよねーーー・・相槌を打ってしまいました。

食い逃げされてもバイトは雇うな」は「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」と一緒に並んでました・・

土曜日に本屋さんで見かけて、ぱらぱらってめくって・・気にはなったんだけど、そのまま帰ってきちゃいました・・

でもどういうわけか、気になる・・

ということで、昨日の夕方、「食い逃げされてもバイトは雇うな」ご購入・・

すんごく流行ってるときは、なぜか買わない・・・というへそ曲がりのところのあるワタシ・・

食い逃げされてもバイトは雇うな」は現在34万部突破だそうです。
下巻が楽しみ・・・

それにしても、山田真哉さんという方はずっと文系だったのに(大学は史学科)・・24歳から会計の勉強を始めて、あっという間に公認会計士になったとは・・ほんとすさまじく頭の良い方なんだと感じますー。

今日「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」を買いに行ってしまいそうです

さおだけ屋はなぜ潰れないのか

食い逃げされてもバイトは雇うな

山田真哉HPhttp://plaza.rakuten.co.jp/kaikeishi

★☆☆その他☆☆★

焼きサバの味噌煮★おしゃべりクッキング

キムタク「好きな男」14年連続1位

教育の話題・・中学校の保健体育で選択必修になっている武道(柔道、剣道、相撲など)を1、2年生の男女を対象に原則、必修化になるそうですー
posted by リョウママ at 03:59 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

今週読み終えた本

明日は図書館に行こう。読み終えた本は・・・

@萩原浩「あの日にドライブ」2005年10月25日発行 褐文社
http://ryoumama0116.seesaa.net/article/46986976.html

A角田光代「庭の桜、隣の犬」2004年9月28日発行 轄u談社
http://ryoumama0116.seesaa.net/article/46986436.html

B糸山秋子「エスケイプ/アブセント」2006年12月20日 叶V潮社 
2006年12月20日刊行 叶V潮社
遁走と不在の先にーーー。闘争と潜伏の20年から目覚めたオレ。人生はまだたっぷりと残っている・・・いつわりと挫折の日々にこそ宿る人生の真実を描く。(表紙帯より)
タグ:
posted by リョウママ at 16:00 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

「すげぇ!!」

image0625.jpg
昨夜、読んだ絵本
レオ・レオニー作 「スイミー

毎月、絵本が一冊、届くシステムになっています。

ワタシはただ絵本スイミー」を眠いなーーと思いつつ読むだけ・・・

絵本を読み終わった後、「すげぇ!!」と言われびっくり!!

「どうして??」

「だってさー、小さな魚がみんなで集まってでかくなるんだよー
すげーーー!!」

ワタシは、別の意味ですげー!!

だって、ちゃんと絵本の主旨を理解してるんですもの
あーびっくりした。ワタシがぼーっとしてるだけなんですけど^^

MINMI妊娠!湘南・若旦那パパに
posted by リョウママ at 10:00 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

読み終えた本

image0626.jpgおとといから読み始めていた本・・

角田光代さん「薄闇シルエット」 2007年11月30日刊http://ryoumama0116.seesaa.net/article/45959611.html

なんと3月に図書館に予約していたという・・すっかり忘れてました^^

暑い日だったんだけど、一ページ目を読んだときからスーッと汗がひいていくような本でした
タグ:角田光代
posted by リョウママ at 16:11 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

最近読んだ本(@^_^@)

図書館から「予約していた本がはいりました」との連絡が・・
とりに行かねば・・(@^_^@)

前回借りていた本は・・・

生田紗代オアシス」・・2003年第40回文芸賞受賞作:河出書房新社2003年11月刊:家事放棄の粗大ごみ母・君枝とパラサイトされている姉、そしてワタシ・・女3人の奇妙な家族の行方は???生田紗代さん著書も始めてよみました。1981年生まれ

●「Sweet Blue Age」2006年2月滑p川書店
角田光代・他7名・・なんと森美登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」が収録されていました。森見登美彦さんは 1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒業、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、小説家デビュー。現在は図書館勤めの傍ら、執筆活動に励んでいます。
2003年8月 『太陽の塔』 第15回日本ファンタジーノベル大賞 受賞
2007年4月 『夜は短し歩けよ乙女』 2007年本屋大賞 2位(455点)獲得
2007年5月 『夜は短し歩けよ乙女』 第20回山本周五郎賞 受賞

佐藤多佳子「神様がくれた指」

角田光代「対岸の彼女」
posted by リョウママ at 13:30 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨宮塔子元アナ パリの日々エッセー

 元TBSアナウンサーで現在、パリを拠点にフリーキャスターで、子育て中のママ(4歳の女の子と2歳の男の子)でもあり、エッセイストとして活躍中の雨宮塔子(36)さんの最新エッセー「小さなパリジェンヌ」(小学館)が22日に発売されるそうです。

是非読みたいなー!!

雨宮塔子さんは02年にパティシエの青木定治氏(38)と結婚し、パリでの生活は8年にもなるのだそうで、新しいエッセイ集には、お嬢さんの「デビューサンダル」や「水筒」「絵本」など、生活になくてはならない“いとしい宝物”を題材に、日々の思いをつづった内容だそうです。

雨宮塔子元アナ パリの日々エッセー
[ 2007年06月22日付スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/06/22/11.html ]

雨宮塔子 HP☆www.puntolinea.jp/amemiya.html

まさみ「覚悟」してインドに行きます

タグ:雨宮塔子
posted by リョウママ at 12:32 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

爆睡した休日

13日(土)、14日(日)ともさむーい、さむーい日だった。
まあ、冬、多っ盛りだから仕方ないんだけど^^

土曜日は眼科造視力検査。
まぁ、予想はしていたけど、視力に変化なし・・
「いま、アイパッチをやめると、元に戻ってしまう可能性があるので
徐々に時間をへらしましょう」
「もうほと頑張りです」

はい・・・・o( _ _ )o ショボーン

「ありがとうございました・・」とバッグをとったところ

「あれ??アイパッチがない???」

早速、リョウマは、アイパッチはめてました

少し、グッときました。

彼なりに、視力が変わってないことに「悔しい」とか「もっとガンバロー」

とか思ったのでしょう。

がんばろーね^^

眼科の往復は散歩がてらの徒歩・・・

あー間違いだった・・・・

寒いっ!!寒いっつ!!

でもリョウマはひたすらにこにこと遊造ながら歩く・・

家に着いたときは、もう冷え切っていて・・

暖房にかじりついた挙句・・・昼ねしちゃいました。

13時にあわてて起きて、空手教室へ

夕方は「お風呂にいきたいっつ!!」というリョウマのリクエストで

こまち温泉へーー。

ふーーーーとあったまって、もう夕飯の支度の面倒になったので

おそばを食べて帰宅(リョウマはお子様ランチ)

19時頃、布団にもぐりこんだら・・・そのまま寝ちゃいましたーーー

続きを読む
posted by リョウママ at 03:53 | 秋田 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。