2008年03月08日

大豆製品で乳がんになる危険性を低くできるそう・・

日常の食生活で大豆製品をよく食べる女性は乳がんになる危険性が低いという調査結果が国立がんセンターから発表されました

国立がんセンターは平成14年までの12年間に、乳がんになった人とならなかった人計432人の血液の大豆に多く含まれるイソフラボン量を測定したところ、イソフラボンの成分の一種であるゲニステイン濃度が最も高いグループは、最低のグループに比べ、乳がんの危険性は約3分の1だったそうです。

ただし、イソフラボンは過剰に摂取すると健康に悪影響がでる恐れもあるとの指摘もあり、国の食品安全委員会は、おととし2006年、「妊娠している女性などについては、サプリメントなどでの摂取は勧められない・・」という報告もしているそうです。

国立がんセンターでは・・「あくまでも食事から摂取できる範囲の検討結果であり、その結果の中で摂取量は多く、血中濃度が高い人は乳がんのリスクが低い・・」ということのようです。

サプリメントで摂取過剰にはならないように気をつけましょう!!あくまでも食生活で・・。

1. イソフラボンとは http://www.kokufun.co.jp/isoflavone.html
2. イソフラボン - Wikipedia
3. 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A http://www.maff.go.jp/syohi_anzen/isoflavon_qa.html

乳がんの早期発見を訴える「ピンクリボン」運動
平山あやが乳がん疑似体験…映画「Mayu―」
山田邦子さん、乳がんだったそうです
がん宣告に山田邦子「がーん」


posted by リョウママ at 05:20 | 秋田 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。