2007年07月10日

はしか対策☆予防接種

今年の1月頃からはしかが流行していました。
特に15歳以上にはしか患者が多くみられました。
原因は予防接種を1回しか受けていない・・というのもあったようです。
はしかの流行が減り、はしかの病原体にさらされる機会が少なくなったため、1回の接種では免疫が強化されずに今年のような流行時にはしかにかかりやくくなっているのでは・・ということのようです

そここで、厚生労働省は9日、来年度から5年間の時限措置として、中学1年生と高校3年生を対象に2回目のはしか予防接種を実施する方針を明らかにしました。

はしか予防接種は2006年3月まで生後12ヶ月から7歳半までに1回接種することになっていましたが

2006年4月からは、生後12ヶ月から24ヶ月に一度、小学校入学前に一度・・の2回のはしか予防接種が導入されているそうです。

(読売新聞7月10日記事)

我が家の息子も小学校入学前にはしか予防接種をしたほうがいい・・ということのようです

<はしか>患者数、流行開始以来初めて減少 ピーク越える:
若者のはしか、西日本へも拡大


posted by リョウママ at 06:50 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。