2007年06月25日

暑い夏になりそうです。気象庁の3ヶ月予報

いやーー今日も暑い日でした。まだ6月なのに、海水浴に行けそうな暑さ・・「夏休みになったら涼しくなったりして??」なんて会話をしています。

自転車で幼稚園へ行くのは、勘弁してもらいました!!暑くて倒れちゃうよ!!

夕方も早々にお風呂にはいってさっぱりしました。
おとーさんは息子とお風呂に入れず寂しそうでしたが・・

気象庁から7月から9月までの3ヶ月予報が出されました。

気象庁の3ヶ月予報によると全国的に気温は高く暑い夏となりそうです

気象庁が以前に発表していた「ラニーニャ現象」の影響もあるようです。

 【7月】天気は北日本で平年に比べ曇りや雨の日が多く、東日本と西日本は平年同様、前半は曇りや雨の日が多く、後半は晴れの日が多い。南西諸島は晴れの日が多い。気温は平年並みか高い確率がともに40%。降水量は北日本と、東日本の日本海側で平年並みか多い確率がともに40%。
 【8月】天気は平年同様、晴れの日が多い。気温は東日本、西日本、南西諸島で平年並みか高い確率がともに40%。
 【9月】天気は数日の周期で変わる。南西諸島は平年同様に晴れの日が多い。気温は東日本、西日本、南西諸島で平年並みか高い確率がともに40%。

今年は夏らしい夏=7〜9月の3カ月予報−気象庁6月25日17時31分配信 時事通信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070625-00000090-jij-soci

ラニーニャ現象
 ラニーニャ現象は、太平洋の中央部より東側の赤道付近で、海面水温が平年より0・5度以上低くなる現象。同じ海域の海面水温が上がるエルニーニョ現象と同様、世界規模で異常気象の原因となることで知られ、1949年以降では今回で13回目の観測となる。

 ラニーニャ現象が発生すると、太平洋の西側では逆に水温が高くなって水蒸気の発生が活発になるため、日本付近では夏場に太平洋高気圧の勢力が一層強まる。それに伴い、晴天が続いて雨が少なく、猛暑になることが多い。


posted by リョウママ at 21:30 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。