2007年06月14日

らっきょうw(^O^)w

image0613.jpg6月にしては暑い日がつづいています。
九州、四国では平年より8日から9日遅く梅雨入りしました。

スーパーでらっきょうを見つけて、買ってみました。

らっきょう中国、ヒマラヤ地方が原産。白色または紫色を帯びた白色の鱗茎を食用とする。
特有の強い匂いと辛味を持つ。この匂いはニンニクやニラと同じアリル硫化物である。
主に塩漬け、甘酢漬け、醤油漬けで食べる。カレーライスのつけあわせとして、福神漬とならんでポピュラーな存在である。また薬効も多いとされている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

らっきょうは、旬がとても短くて、5月の初旬から6月いっぱい位までだそうです。
らっきょうを毎日3粒食べると、血液さらさら・・とは、本当でしょうか??

らっきょうを漬けるのは始めてですが・・・

作り方は・・・旬の今こそ、簡単らっきょうの甘酢漬け - [おかずレシピ]All Aboutを参考に・・昨日、午後、サッカー教室の時間に塩漬けにし、夕方外遊びの間に、夕飯後に・・と細切れに作業を行いました

さて、らっきょう漬け、出来上がりはどうかな

◆材  料◆

泥つきらっきょう 約1キロ
粗塩 大さじ1.5

【甘酢用あわせ調味料】
穀物酢 2カップ
三温糖 2カップ
鷹の爪 1〜2本

◆作 り 方◆ 

@らっきょうはきれいに泥を洗い落とし、薄皮をむきます。ひげ根と芽先を切り落として形を整えます。
A粗塩をらっきょう全体にまんべんなくまぶし、平らにならしてざるに並べます。3〜4時間以上、塩がとけて汗をかいたようになるまで常温に置きます。
B甘酢用の材料を鍋に入れて一度沸騰させます。きれいに洗い殺菌した密封ビンにらっきょうを入れ、そこへ熱々の甘酢を流しいれてフタをします。冷暗所に置き、1週間ぐらい経った頃から味がしみて食べられます。

◆ポ イ ン ト◆
 
・塩をまぶして半日寝かせ、そのまま甘酢に漬けることで塩漬けの手間を省いています。
・熱々の甘酢を加えることで、味のしみこみが早くなります。熱で食感が悪くなるのでは、とご心配なく。カリカリした食感を保ったままおいしくできます。

2年ぶりドラマ!聖子校長先生

ししゃもと千切り野菜の南蛮漬け
タグ:らっきょう
posted by リョウママ at 08:09 | 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia