2017年01月05日

2017.1.4この冬の私はあの蜜柑だ(片岡義男)2015.10月出版

2017.1.4この冬の私はあの蜜柑だ(片岡義男)2015.10月出版

P104日々とは、生きていくということでしょう。日々というもののせつなさ
P115日本語では世界を3つの言葉でとらえる、あれ、それ、これ。
P129「春菊とミニスカートで乾杯」
p132〜「フォァッチャは夕暮れに焼ける」
P144「ティラミスをわけあう」
P174「あんな薄情なやつ」・・・調理場と店内を仕切っているカウンターの内側のどこかにラジオがおいてあった。客からは見えなかった。店主ひとりが小さな音で聴くためのラジオだろう、おそらく客のいないときに。
P196「蛇の目でお迎え」

2017.1.5木

p225「この冬の私はあの蜜柑だ」・・「住んでいた人がいなくなってがらんとするね」と父親が言った。がらんとするという言葉に心が動いて、34歳独身、作家の優美子は、秋が深まるころその家を見に行った。11月の終わりに優美子は引っ越した。

CIMG1373.JPG


posted by リョウママ at 14:03 | 宮城 ☔ | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。