2007年05月13日

横浜Cの三浦、J1日本人最年長得点

横浜Cの三浦、J1日本人最年長得点 J1・横浜Cの三浦知良(40)は12日の広島戦(広島ビ)で、J1日本人最年長となる40歳2カ月16日でのゴールを決めた。これまでの記録は、中山雅史(磐田)の39歳7カ月10日。外国人選手を含めた最年長記録はジーコ(鹿島)の41歳3カ月12日。 (時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070512-00000103-jij-spo


横浜FC奪首!カズ、大混戦ナビスコ“演出”V弾呼んだ5月10日8時1分配信 サンケイスポーツ
 ヤマザキナビスコカップ予選リーグ・第5節(9日、国立競技場)C組の横浜FCは、FW三浦知良(40)の得たFKをMF内田智也(23)が決めてFC東京に1−0勝利。磐田に敗れた大分と並んで首位に立った。3連覇を狙うA組1位の千葉が神戸に0−1で敗れるなど、各組とも準々決勝進出チームは決まらず、23日の最終戦に持ち越されることになった。

 左右に小刻みなステップを踏みながら中央突破を図るカズ。前半36分、たまらず相手DF藤山がファウルでとめ、FKをゲットした。

 前半17分のFKを外しているカズに対して、MF内田が「けってもいいですか」と声をかける。それに「いいよ」と応えたカズ。2人が相談して選択したのはグラウンダーのシュート。相手の壁の下を抜いたボールがゴールに吸い込まれた。値千金の先制点だ。

 「素直にうれしいよ。ここ1カ月、勝てていなかったから」。カズは4月4日、ナビスコ杯・磐田戦以来の公式戦勝利に安どの表情を浮かべた。

 高木監督も「ボールをもてば、あのようなプレーはできる選手。いいアシストになった」と、キングのプレーを手放しで褒めたたえた。

 6日の神戸戦で0−3敗戦から中2日。「昨年のJ2で勝ってきたシステムとメンタルをもう一度、思いだしてやろう」とカズ。昨季はJ2最少失点で優勝。この日はFC東京にシュート15本を浴びせられたが無失点で切り抜けた。J1昇格をつかんだ粘り強い守備が、この試合では戻ってきていた。

 これでナビスコ杯では3勝2敗で勝ち点9。大分と並んでC組首位にたった。

 「リーグ戦に向けて大きな自信になった。この流れをみんなでつなげていきたい」

 カズが前を見据えた。12日の広島戦(アウエー)で、リーグ戦2勝目、そして自身の四十路初ゴールを狙う。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000022-sanspo-spo

三浦知良選手カズの嫌いな言葉は「衰える」だそうです。かっこいいですねー
子供がサッカー教室に通い始めたせいか、サッカーの記事が目に入るようになりました


posted by リョウママ at 09:00 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。