2011年03月30日

こうのとり、大気圏突入=不要品積み、燃え尽き―68日飛行・宇宙機構

こうのとり、大気圏突入=不要品積み、燃え尽き―68日飛行・宇宙機構時事通信 3月30日(水)13時2分配信

 宇宙航空研究開発機構は30日午後0時10分ごろ、国際宇宙ステーション(ISS)に実験器具などの物資を運んだ無人補給機「こうのとり」(HTV)を大気圏に突入させた。こうのとりは68日間の飛行を終了。ISSの不要品を積んだ機体の大部分は燃え尽き、一部は南太平洋に落下した。
 こうのとりは1月22日、鹿児島県・種子島宇宙センターから大型のH2Bロケット2号機で打ち上げられ、同28日未明にISSにドッキング。今月29日未明に離脱し、宇宙機構の筑波宇宙センター(茨城県つくば市)が再突入に向け姿勢制御や軌道調整を進めてきた。
 今回の飛行では、日本実験棟「きぼう」で使う実験ラックやISSに5月末から滞在する古川聡さん(46)ら長期滞在員の食料など計5.3トンの物資を搬入。空いた荷室にISSの不要品など約2.4トンを積み込んだ。 

ISSにドッキング完了=「こうのとり」、2機連続成功
タグ:こうのとり
posted by リョウママ at 16:41 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia