2010年12月13日

ブラジルクラブの魂胆チラリ…カズ残留表明!

ブラジルクラブの魂胆チラリ…カズ残留表明!スポニチアネックス 12月12日(日)7時2分配信

 J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(43)が11日、チーム残留を表明した。

ブラジル・サンパウロ州選手権2部ウニオン・サンジョアン、同3部キンゼ・デ・ジャウーから獲得オファーを受けて交渉を進めていたが、この日、岸野監督らクラブ幹部と2時間に及ぶ交渉を行い「来季、目標であるJ1昇格のためにはカズの力が必要」と慰留され、ブラジル行きを断念。「残留します。移籍に心は揺れたし、ブラジルのピッチに立ちたい気持ちはあったが、横浜(残留)が現実的だった」と語った。

 3カ月近く悩んだ末に下した決断だった。今季は出場10試合と出番が減ったこともあり、ブラジルでの5度目の海外挑戦へ心は傾いた。しかし、オファーしていたブラジルのクラブは、カズをスポンサー獲得に利用しようとした面もあり「不透明なところがあった。サッカーだけを考えたらやりがいはあったが…」と現実的な選択をした。

 4日の大分戦ではフル出場で自身の持つJ最年長記録を更新するゴールを決めて健在ぶりを示した。「あれが最低レベル。あれ以上のプレーがしたい」とカズ。44歳で迎える来季は07年以来のJ1昇格とJ19年連続ゴールを目指す。


タグ:三浦知良
posted by リョウママ at 06:45 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。