2010年08月06日

天気 猛暑日、真夏日の地点が今年最多に 2度目のピーク

天気 猛暑日、真夏日の地点が今年最多に 2度目のピーク8月5日19時58分配信 毎日新聞

 日本列島は5日、太平洋高気圧に覆われ、35度以上の猛暑日となった地点が今年最多の177地点(36都府県)に達した。30度以上の真夏日も、気象庁の921観測地点の8割近い716地点(47都道府県)に達し、今年最多となった。

 気象庁によると、福井県坂井市で地点の観測史上最高の38.6度になったのをはじめ▽福岡県糸島市で38.3度▽島根県益田市で38.0度▽鳥取市で37.7度▽富山市で37.6度−−を観測した。湿った空気が山越えすると風下のふもとが高温となるフェーン現象の影響で、特に日本海側で気温が上昇。福井、島根、鳥取県など6県8地点で観測史上最高気温を更新した。

 気象庁天気相談所は「今年の暑さの2度目のピーク。6日以降、やや気温が下がるが、まだまだ暑い日が続く」とみている。【飯田和樹】

猛暑で電力の最高更新相次ぐ=供給力には余裕も―電力各社8月5日22時47分配信 時事通信

 猛暑が続く中、家庭やオフィスなどで冷房がフル稼働し、電力各社の発電電力が軒並み高水準となっている。北陸電力と東北電力は5日の最大電力が過去最高となった。
 気象庁によると、5日は北陸や日本海側で気温が上昇し、全国の10カ所で観測開始以来の最高を記録。これに対応して発電電力も伸び、東北電力の最大電力は1557万キロワット、北陸電力は573万キロワットに達した。
 一方、東京電力は5798万キロワットと高水準だったが、過去最高(6430万キロワット)には届かなかった。大口の産業用需要が景気後退以前の水準に戻っていないためだ。
 東電は最大電力を6150万キロワットと想定。供給力として6520万キロワットを用意しており、この夏の最高を記録した先月23日の5999万キロワットでも供給に相当の余裕はある。各社とも同様に、想定需要を満たす供給力は確保している。中国電力は、点検漏れで島根原発の稼働を停止したものの、火力発電の割合を増やし対応している。 
posted by リョウママ at 19:22 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia