2010年07月24日

岐阜・多治見などで38.9度=熱中症の死者相次ぐ―引き続き注意呼び掛け・気象庁

岐阜・多治見などで38.9度=熱中症の死者相次ぐ―引き続き注意呼び掛け・気象庁7月24日0時38分配信 時事通信

 二十四節気の一つで暑さが最も厳しいとされる「大暑」の23日、日本列島は引き続き勢力の強い太平洋高気圧に覆われ、東海や関東を中心に各地で最高気温35度以上の猛暑日となった。

岐阜県多治見市などでは、同日で全国最高の38.9度を観測した

 多治見市は22日に全国で今夏最高の39.4度を記録していた。猛暑は週末も続くとみられ、気象庁は引き続き熱中症に注意を呼び掛けた。

 ほかに38.9度を観測したのは三重県桑名市と群馬県館林市。また、群馬県伊勢崎市で38.4度、埼玉県熊谷市と前橋市で37.9度となった。

 熱中症による死者は23日も相次ぎ、津市の公園で無職の男性(66)が倒れ、病院に運ばれたが死亡。愛知県大治町で女性(85)が自家用車の中でぐったりしているのが見つかり、病院で死亡したほか、埼玉県寄居町の女性(86)と同県川口市の男性(74)、さいたま市大宮区の男性(97)も自宅などで亡くなった

列島きょうも猛暑、東京都心も猛暑日7月21日


posted by リョウママ at 05:31 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。