2010年06月22日

次は生命、海の起源解明へ=予算が懸案・はやぶさ2

次は生命、海の起源解明へ=予算が懸案・はやぶさ26月21日5時45分配信 時事通信

 小惑星「イトカワ」まで往復7年、60億キロを旅した探査機「はやぶさ」が帰還し、オーストラリアの砂漠に落ちたカプセルが回収された。小惑星の微粒子が入っていれば史上初で、太陽系の進化解明が期待される。宇宙航空研究開発機構の吉川真准教授らは、次は有機物や水を含む鉱物が多い小惑星の岩石を採取する「はやぶさ2」を開発、生命や地球の海の起源に迫ることを目指している。
 はやぶさ2では、変質していない小惑星内部の岩石を採取するため、爆薬を詰めた「衝突体」(直径約20センチ、重さ約10キロ)を突入させ、直径2〜7メートルの小クレーターを作る。米国が月や彗星(すいせい)で行ったことがあるが、小惑星では初めて。イトカワで投下に失敗したミニ探査ロボットも再挑戦。故障した姿勢制御装置などは改良する。
 目標の小惑星「1999JU3」は、イトカワ同様に地球と火星の間にあり、長さは約920メートルと一回り大きい。2号機を2014年か15年にH2Aロケットで打ち上げれば、18年6月に到着して観測と岩石採取を1年半行い、20年12月の地球帰還を見込める。その次の打ち上げ機会は24〜25年になるため、早急に開発に着手する必要がある。
 懸案は予算の確保だ。はやぶさ2の製造費は1号機の127億円を上回る160億円程度だが、今年度予算は3000万円にとどまった。宇宙機構の予算には余裕がないのに、政府の宇宙開発戦略本部の懇談会は、15年に月面に探査ロボットを着陸させる「かぐや」後継機に600億〜700億円掛ける計画を提言しており、楽観できない

「はやぶさ」カプセル、X線検査で砂粒「無し

★★★

トルシエ氏 10点満点で9点 遠藤はもっとアグレッシブに
日本代表―オランダ戦視聴率は最高55・4%

天国?地獄?デンマーク戦が32歳誕生日の中村俊

宮里藍、逆転で今季4勝目=世界1位初奪取、米本土で初勝利―米女子ゴルフ
本田“厳重注意”サポーターに礼せず引き揚げ

不倫報道を謝罪 鈴木早智子が芸能活動自粛を発表
綾瀬はるか、大沢たかおとの熱愛報道否定「そういうことはございません」
posted by リョウママ at 04:12 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia