2010年05月05日

こいのぼりの由来は??端午の節供

こいのぼりの由来は??- Yahoo!知恵袋

江戸中期になると庶民の間から町民のアイデアで鯉のぼりが生れました。中国に古くから伝わる登竜門の伝説になぞらえ、竜門の滝を登り切ると鯉が竜になるように、我子も健康に育ち、将来は大きく出世して欲しいとの気持を込めたものです。また、「わが家に男の子が生まれました。どうぞお守りください。」と天の神様に伝え、守っていただく意味があるとも伝えられています。

この頃は和紙に鯉の絵を描いたものでしたが、大正時代に破れない綿の鯉のぼりが生まれ、昭和三十年代の半ばには雨にぬれても色落のしない合成繊維の鯉のぼりが誕生し、現在に受継がれています。
http://www.tokyoku.co.jp/koi/yurai.html

端午の節供(たんごのせっく) [ 日本大百科全書(小学館) ] (全3件)
中国、朝鮮、日本などで5月5日に行われる年中行事。五月節供、重五ともいう。端は初めという意味で、端午は月の初めの午(うま)の日のこと。中国では5月が午の月にあたり、5日をも午の日というため、5を重ねて5月5日を節日とした。中国の古俗を伝える『荊楚歳時記(けいそさいじき)』によれば、この日には薬草をとり蓬(よもぎ)の人形を門にかけて毒気を祓(はら)い、菖蒲酒(しょうぶざけ)を飲み、また五色の絹糸で日月星辰(じつげつせいしん)、鳥獣をかたどった続命縷(しょくめいる)というものをつくって腕にかけたとある。これは災厄を除き病魔を避けるためである。また楚(そ)の屈原(くつげん)が汨羅(べきら)に身を投じて死んだのがこの日で、その霊を慰め祀(まつ)るため、この日は粽(ちまき)をつくって水に投ずるのだという起源譚(きげんたん)が後世流布するが、これは『荊楚歳時記』ではまだ夏至節の行事となっている。日本でも、菖蒲、蓬など香りの強い植物に魔除(まよ)けの力を認め、これを身に着けたり屋根に挿す風があり、それらは『続日本紀(しょくにほんぎ)』など奈良朝の記録にすでにみられる。またこの日は古くから宮中では騎射、走馬の行事が行われたが、そうした伝統は賀茂競馬(かものくらべうま)などによって今日に伝えられている。民間でもこの日の行事には練武、競技の類が多く、印地打(いんじう)ち(石合戦)、凧揚(たこあ)げ、綱引き、競馬、競漕(きょうそう)などが盛んに行われ、菖蒲と尚武の音通から、しだいに男子の出生を祝う節供となったものと考えられている。

一方、この五月節供の民俗に、むしろ女性に関するものが多い点は注目される。この日を「女の家」「女の屋根」などといって女のいばれる日とする伝承が中部地方や四国などにはあり、近松門左衛門の『女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)』などにもそうした記事がある。また北陸から近畿、山陰にかけて、菖蒲や蓬を束ねた棒で女性の尻(しり)をたたいて回る行事があり、その他の地方ではそれで地面をたたくことが広くみられる。これらはいずれも5月という田植月にあたり、早乙女(さおとめ)となるべき女性の忌み籠(ごも)りや、またその身体と大地の不浄を祓う儀礼であったと考えられる。

こうして日本の端午の節供には、季節がら悪疫を除こうとする儀礼がみられるとともに、田植をめぐる農耕儀礼的な色彩も濃厚である。そうした基盤のうえにおよそ江戸時代から男子の節供へ、また第二次世界大戦後は子供の日の祝日へというふうに展開してきている。

[ 執筆者:新谷尚紀 ]

★★★

)“冬美超え”だ!クミコ反戦歌USEN1位


posted by リョウママ at 13:20 | 秋田 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。