2010年04月08日

依布サラサ

依布サラサいふサラサ、本名:井上 ニサ[1]、1983年12月22日 - )は、日本の女性作詞家・歌手。所属レーベルはキューンレコード、所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。東京都出身。血液型B型

父はシンガーソングライターの井上陽水。母は歌手の石川セリ。

芸名の由来は、幼い頃に妹と「こんな名前がよかった」という名前を列挙した中に「サラサ」という名前があり、「もしも(英語で「if」→依布)、自分がサラサだったら」という意味から、語感を重視して付けている[2]。サリーで使用される高級布生地(更紗)にも由来しており、「依布」の漢字も衣服をイメージして付けている[2]。

最終学歴は大卒。出身校は明らかにしていないが、家政学部のある大学で栄養学を専攻していたことを公言している[3]。

デビュー前から木村カエラのファンである[3]。なお、木村とは同じ事務所に所属している。

2010年現在、シングルマザーで娘が一人居る

作詞は全て自らが行う。作詞は学生時代から行っており、歌手デビュー前より作詞家として活動している。他アーティストへの作詞も行っている。作詞に開眼したきっかけは、父である井上陽水と作詞に関して語り合い、その延長で楽曲「長い猫」の制作に関わったことによる[5]。

楽曲はNEIL&IRAIZAおよびCUBISMO GRAFICOのフロントマンである松田岳二がプロデュースを手掛ける。過去にはTahiti 80のボーカルであるグザヴィエ・ボワイエも楽曲に参加している。ライブでは主にアコースティックギターの弾き語り演奏を行う。

2009年からは音楽活動以外にもテレビ番組の出演を行うなど、活動の幅を広げている

1992年
11月20日、井上陽水のセルフカバーアルバム『ガイドのいない夜』が発売。収録曲「東へ西へ」に母・妹と共にコーラスで参加。
2006年
3月29日、井上陽水の両A面シングル「新しい恋/長い猫」が発売。収録曲「長い猫」で井上と共同作詞し、作詞家としてデビュー。
4月5日、Salyuのシングル「Tower」が発売。カップリング曲「マハラジャの夜」で初めて単独で作詞を手掛ける。
2007年
3月、Sony Records SDオーディションの作詞家部門に匿名で応募。これが歌手デビューのきっかけとなる。
12月5日、シングル「カリキュラム」で歌手デビュー。
2009年
3月30日、NHK教育テレビ『Jブンガク』のパーソナリティーに抜擢。初のテレビ番組ナビゲーターを務める

依布サラサ - Wikipedia

依布サラサ official site


posted by リョウママ at 06:05 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グータンヌーボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。