2010年04月07日

垂直尾翼ではく離=ISSドッキングに影響なし−山崎さん搭乗のシャトル

垂直尾翼ではく離=ISSドッキングに影響なし−山崎さん搭乗のシャトル4月7日11時10分配信 時事通信

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】山崎直子さん(39)らが乗り組むスペースシャトルディスカバリー」について、米航空宇宙局(NASA)は6日午後(日本時間7日朝)、シャトルの垂直尾翼の左側で何らかの物体がはく離したことを明らかにした。耐熱材の可能性もあるといい、NASAは原因や影響を詳しく調べている。

 NASAによると、はく離は打ち上げから約42秒後、尾翼左側の端で発生した。大きさや個数は明らかにしていない。運航に大きな影響はないといい、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングも7日未明(日本時間同日午後)に予定通り実施される
posted by リョウママ at 13:40 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia