2010年02月28日

<新幹線>500系「のぞみ」最終列車 東京駅、ファン1500人見送る

<新幹線>500系「のぞみ」最終列車 東京駅、ファン1500人見送る2月28日12時27分配信 毎日新聞

多くの鉄道ファンがカメラを構える中、東京駅を発車する下り最終の500系のぞみ号=JR東京駅で2010年2月28日午後0時半、

 JR西日本の人気車両500系新幹線が28日、「のぞみ」としての最終運転を迎えた。東京−新大阪間では見納めとあって、東京駅ホームには1500人の鉄道ファンらが詰めかけ、別れを惜しんだ。

さよなら500系のぞみ号 最後の雄姿をいろいろな角度からみる

 前日のチリ大地震による津波の影響が心配されたが、無事にラストランを迎えた500系。午後0時13分、東京駅17番線ホームに上り「のぞみ」6号(16両編成)が到着すると、カメラを持った鈴なりのファンらが盛んにシャッターを切っていた。17分後の0時半、東海道区間最後の「のぞみ」下り29号として定刻通り博多に向け発車。ファンらは「ありがとう!」「(こだま号として)頑張れよ」などと声をかけ見送っていた。

 JR西日本が開発した500系電車は、1997年3月から新大阪−博多間で運転開始。当時世界最高時速300キロの営業運転を実現し、同年11月からはJR東海にも乗り入れ、東京−博多間で「のぞみ」として運用してきた。15メートルに及ぶ鋭くとがった先頭の形状と丸みを帯びた車体、翼形パンタグラフを採用するなど、時速300キロの高速化に対応した独特のデザインで、鉄道ファンや子供たちに人気がある車両。すべての車両が電動車で16両編成9本、144両が製造された。

 「のぞみ」としての使命を終えた500系は、8両編成に短縮し、新大阪−博多間の「こだま」専用として運用される。【松田嘉徳】

西日本旅客鉄道(JR西日本)ホームページ

★★★

これも勝負」と上村選手=夫を応援、母も満足〔五輪・アルペン〕

バンクーバーオリンピック(2010.2/13〜)

★★★

死者300人超に=家屋150万戸損壊も−チリ大地震
チリ中部でM8.8の巨大地震=122人死亡、沿岸部に2mの津波−日本も警戒


posted by リョウママ at 15:49 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。