2010年02月17日

グータンヌーボ(マツコ・デラックス

五輪スピード 長島「銀」、加藤は「銅」 男子五百
<五輪フィギュア>川口組メダル逃し4位 優勝は申雪組

★★★

2/17グータンヌーボでは4ヶ月ぶりに復帰した江角マキコ優香らMC4人だけでトークを。

江角マキコ、第2子出産からわずか5か月で『グータンヌーボ』に“スピード復帰”
江角マキコが第2子の男児を出産 アラフォー出産に「喜びもひとしお」

江角マキコ長谷川潤に「どうしてグータンをやろうと思ったの??」

長谷川潤は「最初はゲストだと勘違いしていた・・」

片瀬那奈&長谷川潤「グータンヌーボ」MC

スタジオゲストはマツコ・デラックス(1972年10月26日 - )は千葉県千葉市出身のコラムニスト、コメンテーター、女装男性タレントである。所属事務所はナチュラルエイト。千葉県立犢橋高等学校卒業(SMAPの木村拓哉と同期生)。血液型はA型で、身長178cm、体重・スリーサイズともに「150」である。

芸名は本名をもじったことに由来する。豪華なイメージでデラックスを付けた。他の候補に「マツコ・ロワイヤル」、「マツコ・インターナショナル」等があった

美容師やゲイ雑誌『バディ』の編集者を経て現在はコラムニストとしてエッセイの執筆、テレビコメンテーター、トークショーなどで活動している。コラムニストになったきっかけは『バディ』の記事を読んだ中村うさぎにエッセイを書くことを勧められたため[1]。

歯に衣着せぬ発言で知られ、石原慎太郎などの政治姿勢についても批判する。『5時に夢中!』に於いて、「この番組も言いたいこと言えなくなったら存在意義がなくなる」という趣旨の発言もしている。対象物を良く考察した上で行われるエンターテイメント性に富んだ毒舌やその体型からナンシー関と比較される事があるが[2]、実際に生前のナンシー関と雑誌で「デブ」について対談した経験がある(「魅惑のブス」)。

自称「デブ女装コラムニスト」。150×3のスリーサイズ・体重150kgを誇る巨体に女装というスタイルは、本人によれば2000年頃から始めたとのこと。本人曰く「パートタイム女装」。衣装は自作で(既製品でマツコに合う物は殆ど無い為)、使う布の量は最高で25メートル(本人曰く「小学校のプール」[3])。2009年に血液検査を行ったところ、数値は全て正常であったという(本人曰く「奇跡の血液サラサラデブ」)[4]。セクシャル・マイノリティである著名人の中でも、ドラァグクイーンとして活動を続けている数少ない一人である。話し言葉は基本的にオネエ言葉だが、時々一般男性が使うような言葉尻に戻ることもある。

肉が食べられない(最高級の肉なら少量食べられるという事から、ベジタリアンではない)。椎茸も苦手。

今井翼をこよなく愛しており、デビュー当時からずっと見守ってきたという。最近はライセンスの藤原一裕を気に入っており、本人に告白をした。大のフィギュアスケートファンでもあり、特に伊藤みどりの熱狂的ファン。また浅田真央との対談では数年前に滑った演目から衣装、コーチ名まで挙げて話せるほどの博識ぶりであった。樋口豊による解説を完璧だとして絶賛。

その体型から力士に間違えられたことがある[5]。『しゃべくり007』出演時には冒頭で、レギュラー出演者とぶつかり稽古をするのが定番になっている[6]。

マツコ・デラックス - Wikipedia

くりぃむしちゅー:上田晋也・有田哲平、マツコデラックス、コトブキツカサ、浜ロン 所属事務所 〜ナチュラルエイト〜

★★★

上村愛子の未来は? タレント業なら引く手あまた

<五輪スピード>お家芸復活だ 長島・銀、加藤・銅に大歓声
取材NGの国母、雪上では生き生き笑顔、国母寝過ぎ?「体が動かないっす」
皆川、愛子の思いに応える!「夫婦で1つのメダルを」…アルペン
美姫、ガングロで金!髪バッサリ&日サロで完璧クレオパトラ化

)「ポニョ」のせいにするしかない亀梨ドラマの急落
それでもV6は解散しない。むしろ別グループ破綻の方がヤバい!?
posted by リョウママ at 05:44 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グータンヌーボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia