2009年12月21日

ソユーズ打ち上げ成功、野口さん宇宙長期滞在へ

2009年M-1王者はパンクブーブー 紳助「楽な審査」と満場一致で完全優勝
存在感じた」福山龍馬、初の高知ロケ

12/21・・冬至

★★★


ソユーズ打ち上げ成功、野口さん宇宙長期滞在へ12月21日7時0分配信 読売新聞

 【バイコヌール(カザフスタン)=本間雅江】ロシア宇宙局は21日午前3時52分(日本時間午前6時52分)、野口聡一さん(44)ら3人の飛行士を乗せたソユーズ宇宙船を、バイコヌール宇宙基地から打ち上げた。

 宇宙船は約9分後、予定の軌道に入り、打ち上げは成功した。日本時間23日午前8時ごろ、国際宇宙ステーションISS)へ到着する予定。野口さんは来年5月まで、日本人では2人目の宇宙長期滞在に臨む。

 ソユーズ宇宙船を載せたロケットは、第1〜3段エンジンを次々に分離し、宇宙船を予定の軌道に投入した。今後、地球を周回しながらISSに近づく。

 野口さんは、2005年7月に米スペースシャトルで初飛行し、ISSで船外活動(宇宙遊泳)も行った。2度目の飛行となる今回は、日本人で初めて、操縦資格を持つ飛行士としてソユーズに搭乗。打ち上げやISSへの接近の際、ロシア人船長を補佐する左側の席に座り、機器を監視する重要な役割を担っている。

 宇宙での長期滞在は、若田光一さん(46)が日本人の先陣を切り、今年3月から4か月半、日本実験棟の組み立てなどに携わった。野口さんは5か月間の滞在中、日本実験棟「きぼう」のロボットアームに、細かい作業を行うための“指先”として「子アーム」を取り付けたり、様々な科学実験を行ったりする。来年3月には、山崎直子さん(38)が米スペースシャトルで飛行し、初めてISSに日本人が2人そろう。

 ISSには、2011年春ごろから古川聡さん(45)、12年初夏からは星出彰彦さん(40)が、いずれも半年ずつ滞在する予定となっている。 最終更新:12月21日7時9分

1. 野口聡一 - Wikipedia

2. 野口聡一 宇宙飛行士


posted by リョウママ at 07:42 | 秋田 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。