2009年12月13日

ふたご座流星群 13、14日見られそう 新月近く好条件

ふたご座流星群 13、14日見られそう 新月近く好条件12月12日12時35分配信 毎日新聞

ふたご座流星群

 三大流星群の一つ、ふたご座流星群の活動が13、14日の2夜にわたり活発になる。今年は16日が新月で、月明かりの影響のない好条件。真っ暗の場所では深夜には1時間あたり50個以上、市街地でも5個程度が見られそうだ。国立天文台(東京)は15日朝まで、全国の観察者にインターネットや携帯電話を通じて結果を報告してもらうキャンペーンを実施する。

 ふたご座流星群は、かつて彗星(すいせい)だった小惑星ファエトンが軌道上に放出した塵(ちり)が、大気に飛び込んで出現すると考えられている。ふたご座で2番目に明るい星カストル付近から、全天に飛び出すような方向に現れる。

 キャンペーンのサイトはhttp://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20091211/。携帯電話用はhttp://naojcamp.nao.ac.jp/i/phenomena/20091211/【須田桃子】

ふたご座流星群 2009年

ふたご座流星群ガイド

AstroArts:【特集】2009年 ふたご座流星群

国立天文台 - ふたご座流星群を眺めよう

双子座流星群2009

ふたご座流星群 つるちゃんのプラネタリウム



posted by リョウママ at 04:15 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。