2009年07月17日

<エンデバー>打ち上げ成功 ISSで「きぼう」完成へ

<エンデバー>打ち上げ成功 ISSで「きぼう」完成へ7月16日7時8分配信 毎日新聞


日本の実験棟「きぼう」最後の構造物を搭載して打ち上げられたスペースシャトルエンデバー」=AP

 米航空宇宙局NASA)は日本時間16日午前7時3分(米東部時間15日午後6時3分)、国際宇宙ステーションISS)で建設中の日本の実験棟「きぼう」最後の構造物を搭載したスペースシャトルエンデバー」(マーク・ポランスキー船長ら7人乗り組み)をフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げた。エンデバーは予定通り高度226キロの地球周回軌道に入り、打ち上げは成功した。

若田さんはこんなことしてました…「おもしろ宇宙実験」

 エンデバーは、きぼうの船外実験施設をISSに運び、設置するのが主任務。ISSに滞在中の若田光一宇宙飛行士(45)がロボットアームを操作し、飛行4日目の19日に取り付ける。船外実験施設が設置されれば、計画開始から24年を経て、日本初の有人宇宙施設きぼうが完成する。船外実験施設は、欧米やロシアの実験棟にはないことから、「日本の独自性を最も発揮できる施設」(宇宙航空研究開発機構JAXA)と期待される。

 また、3月から日本人初の宇宙長期滞在員としてISSで生活している若田さんは31日、エンデバーに乗って地球に帰還する。

 エンデバーは当初6月に打ち上げ予定だったが、燃料の液体水素が気化して漏れるトラブルや悪天候のため5度延期されていた。【西川拓】

 ◇きぼう

 高度約400キロを周回する国際宇宙ステーションに設置される日本の有人宇宙実験施設。最大4人の宇宙飛行士が生命科学や材料科学、天文学などの実験を行える。実験室、保管室、船外実験施設で構成され、3回に分けてスペースシャトルで打ち上げ、組み立てられる。本体の開発費は約2500億円。


posted by リョウママ at 05:20 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。