2009年06月05日

改正薬事法 大衆薬市場「大競争時代」に…1日から施行

改正薬事法 大衆薬市場「大競争時代」に…1日から施行5月30日23時24分配信 毎日新聞

一部コンビニ店舗では実験的に大衆薬売り場を設け、大衆薬販売のニーズを検証している=東京都千代田区のファミリーマート外神田六丁
目店で2009年5月29日、秋本裕子撮影

 風邪薬や胃腸薬などの一般用医薬品(大衆薬)販売の規制を緩和する改正薬事法6月1日から施行され、新設される「登録販売者」を置けば、薬剤師がいなくても大衆薬の約9割を販売できるようになる。新しい収益源にと期待する流通大手各社が相次ぎ参入を表明。これまで市場を独占してきたドラッグストアや薬局は、24時間営業の拡大や調剤事業の強化で迎え撃つ。異業種入り乱れた流通大競争時代が始まる。【秋本裕子】

 ◇攻めるコンビニ

 東京・外神田のオフィス街にある「ファミリーマート外神田六丁目店」。大衆薬の販売コーナーは約14平方メートル。客が欲しい薬を伝えると、カウンターに立つ薬剤師が手早く選んでくれる。鎮痛剤や風邪薬、目薬やマスクなどの関連商品を含め全部で約300種類。

 ファミリーマートは昨秋、都内の直営2店舗に大衆薬の売り場を実験的に設けた。薬剤師の加藤英明さんは「急に体調を崩して駆け込む人が多い。コンビニ販売へのニーズを感じる」と話す。

 現在は6人の薬剤師が交代で接客に当たるため、薬の販売は平日午前7時から午後11時まで。近く24時間営業での販売を検討しており、上田準二社長は「11年度までに登録販売者を300人態勢にする」と意気込む。

 コンビニ業界は、たばこ販売機用成人識別カード「タスポ」の効果で08年度決算は好調だったが、今夏には効果が一巡する。このため、大衆薬販売を新たな収益源にしたい考えだ。

 セブン&アイ・ホールディングスは1日から、傘下のセブン−イレブン・ジャパンの東京都内の1店舗で大衆薬の24時間販売を実験的に始める。これまでは、薬剤師を配置した約20店舗で、大衆薬を時間限定で販売していたが、グループで約160人が登録販売者の資格を取得しており、コンビニでの販売拡大の準備を進めている。

 一方、イオンも傘下のコンビニ「ミニストップ」とドラッグストア「グローウェルホールディングス」が5月20日、コンビニ機能のあるドラッグストアを埼玉県本庄市に開店し、コンビニとドラッグストアの融合を実験的に始めている。

 各社にとって最大の課題は登録販売者の確保だ。24時間営業のコンビニでは1店舗当たり最低3〜4人の登録販売者が必要。大半を占める独立採算の加盟店が、「店舗ごとに確保するのは困難」(セブン&アイ)なのが実態で、コンビニ販売が一挙に広がることにはなりそうもない。

 コンビニ以外では、ヤマダ電機が従業員に登録販売者の資格を取らせるなど、大手家電量販店やホームセンターにも参入準備の動きが広がっている。

 ◇24時間化、調剤拡充…ドラッグストア各社

 大衆薬市場をほぼ独占してきたドラッグストア各社は、営業時間の拡大や、コンビニにはできない調剤事業の強化で迎え撃つ。

 全国でドラッグストア「マツモトキヨシ」を約650店展開する業界最大手、マツモトキヨシホールディングスは、現在、東京都内の1カ所の24時間営業店舗を10店舗程度に拡大する方針。同社はすでに約3000人の登録販売者を確保した。

 また、調剤薬局大手の日本調剤と提携し、調剤機能を備えたドラッグストアを共同で出店していく計画だ。マツキヨ幹部は「異業種の参入で競争は厳しくなるが、強みである薬の相談体制や人材育成の強化で対抗する」と話す。

 同2位の「スギ薬局」約460店舗を持つスギホールディングスも、「薬剤師が多い強みを生かし、登録販売者では販売できない大衆薬や調剤の販売店を増やす」という。

 ◇改正薬事法

 医薬品には、購入に医師の処方せんが必要な「医療用医薬品」、不要な「一般用医薬品」、販売規制のない「医薬部外品」の3種類ある。一般用は大衆薬と呼ばれ、従来は薬剤師による販売が義務付けられていた。改正法は、風邪薬や鎮痛剤など大衆薬の9割を、新設する「登録販売者」でも販売できるよう規制緩和した。登録販売者は、高卒以上で1年以上の実務経験があり、都道府県試験に合格することが条件。一方、インターネットで注文できた大半の大衆薬は一部を除いて宅配が禁止され、ネット業界は反発している


posted by リョウママ at 19:29 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。