2009年01月23日

ついに素顔を披露!「生協の白石さん」大学の広報大使に(1/23ワンツースリーの日」

1/23・・ ワンツースリーの日:1と23を組み合わせて掛け声のワンツースリーと呼び、何か新しいことを始めるきっかけの日にと起業を目指す人々などが制定した。

マスターズ出場で「石川マネー」争奪戦…海外でも
遼クン出場決定!マスターズ日本人最年少
<石川遼>マスターズに招待 史上2番目の若さ

<センバツ>出場32校決まる 慶応、早実が初めて同時出場

★★★

ついに素顔を披露!「生協の白石さん」大学の広報大使に1月22日19時13分配信 読売新聞

広報大使に任命された「生協の白石さん」

 ベストセラー「生協の白石さん」(講談社刊)の著者、白石昌則さん(39)が、東京農工大(東京都府中市)の広報大使第1号に任命された。小畑秀文学長が22日、記者会見で発表した。

 白石さんは1994年4月、「大学生協東京事業連合」(渋谷区)を通して、早稲田大の生協に就職。2004年12月、東京農工大の生協に移り、学生が売店への要望や意見などを寄せる「一言カード」の担当となった。誠実に、時には軽妙なジョークを交えた回答が、学生のブログで紹介され、一躍有名人に。05年11月には、カードの内容と回答をまとめた本を出版した。

 昨年11月の異動で「東京インターカレッジコープ」の渋谷店長となったが、「せっかくの人材を活用したい」という大学側の要請に応じた。今後、大学のホームページに登場したり、講演会を開いたりする。

 白石さんは「肩ひじを張らずに、大学側に協力していきます」と語った。

最終更新:1月22日21時53分

生協の白石さん(せいきょうのしらいしさん)とは、2005年に講談社より発行された書籍名、及び著者である生協(大学生協)職員白石昌則(しらいし まさのり、1969年?-)のこと。

白石さんが東京農工大学生協(小金井キャンパス・工学部店)に勤務していた際、利用者アンケート用紙「ひとことカード」に書かれた要望や質問に対する、真面目かつウィット溢れる回答で話題となり、『生協の白石さん』のタイトルで書籍も出版された

「白石さん」は東京都出身の男性。信州大学経済学部卒業後、大学生活協同組合に入協。大学生協職員の業務として、組合員からの要望に対する回答を書いた「ひとことカード」でのやり取りが学生のブログで紹介されて反響を呼び、インターネットを中心に「生協の白石さん」として学外にも知られ、書籍化、ベストセラーになった。また、受け答えをもとにしたCMも放送された。

しかし本人は、広く知られたことで、全く生協の事とは関係のないアンケートが寄せられる事が増えてきて困惑しているそうだ。

顔は2009年1月22日までは非公開だった。サイン会を開いた際も、顔を出さないことを条件にテレビのインタビューに応じた。そのため、サインをもらったファンだけが、その顔を知ることになった。直に対面したアンガールズの山根良顕曰く「白石さんは結構な男前でした」との事。

2008年11月に人事異動で東京農工大学を離れ、インターカレッジコープ渋谷店の店長を務めている[1]。

2009年1月に、東京農工大学の広報大使第1号に任命された[2]。その際の記者会見で今まで非公開とされてきた素顔が公開された

生協の白石さん - Wikipedia

がんばれ、生協の白石さん!


posted by リョウママ at 19:30 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。