2019年10月20日

10/20・・・新聞広告の日

2019.10.20 日 ほぼ☀・・13時半から15時半えるえる研修、楽しかったわ!(^^)! 夕飯はチゲたれで鍋


2017.10.20(金)

歩こう会は☔で中止( ;∀;)・・
学校用弁当の準備(*^-^*)  CIMG1743.JPG  定番の「から揚げ」「卵焼き、いんげん、にんじん、さつまいも・・」

夕飯は「カレー」と「サラダ」と「よく煮た玉こんにゃく」  CIMG1742.JPG  CIMG1744.JPG

4時に起床して、すべて終わったら・・6時半じゃ('_')

読書は、沼田カホルコ「ユリゴコロ」(2011・3)CIMG1745.JPG

岩松正史さんのブログhttps://keicho.aeruba.co.jp/blog/?p=4993

2014.10.20(月)学校休みぃ・・

IMG_20141020_054544.jpg

IMG_20141020_054551.jpg・・鶏の唐揚げ、卵焼き、ちくわきゅうり、おひたし・・

「君は嘘をつきすぎている」

「ソロモンの偽証」V(2009.9〜2011.11)

夕飯は・・なんだったかなああ・・そろばん教室から拾って帰ってきて・・鮭を焼いてタルタルソースを添えたら不評だったんだ!!あとは豚汁・・


2013〜10/20

10/20・・・新聞広告の日

日本新聞協会が1974(昭和49)年に制定。

新聞週間 (10月15日〜10月21日)」の中で覚えやすい20日を記念日とした。

モデル4人でPR「新聞広告の日」

リサイクルの日

日本リサイクルネットワーク会議が1990(平成2)年に制定。

「ひとまわり(10)、ふたまわり(20)」の語呂合せ。

この記念日が発展して、通商産業省(現在の経済産業省)ほか8省庁が10月を「リサイクル推進月間」とした。

頭髪の日

日本毛髪科学協会が制定。

「とう(10)はつ(20)」の語呂合せ。

2011年

東日本大震災(2011.3.11)その2
東日本大震災(2011.3.11)

★★★

タイ風焼きそば(NHKきょうの料理)

あさイチから・・
エコレシピ

電子レンジでしゅうまい(NHKきょうの料理)

ソーセージと栗(くり)の炊き込みご飯&ソーセージとれんこんの炒め物鶏胸肉のさくさく揚げとさつまいもご飯(ウチゴハン)

「魂の自由人」曽野綾子
宮部みゆき「孤宿の人」

★★★2010年

松下奈緒、紅白司会決定的!?年末3日間に「ゲゲゲ」総集編
<宮川大輔>「めっちゃうれしいです!」待望のメガネベストドレッサー受賞

★★★2009年

<常盤貴子>俳優の長塚圭史と結婚へ 「ゲロッパ!」で共演

<東京DOGS>初回視聴率18.7% 小栗旬、水嶋ヒロのイケメンコンビで09年の月9最高

のりピー本で暴露された野島氏の女優落としテク
北川景子の触れてはならない過去
加藤和彦の訃報に悲しみの声

女が嫌いな女、1位は3回連続で沢尻エリカ 文春調べ

鯖・さば・サバであれこれ
さばのしょうが煮

さけとちりめんじゃこのふりかけ&じゃがいもとししとうがらしの甘辛炒(いた)め(きょうの料理プラス)

さんまのポテトサラダ巻きほか・・さんまのあれこれ(秋刀魚・サンマ・さんま

★★★2008

遼クン「最高」2位 特攻ドライバー成功
石川遼、賞金ランキング19位に急浮上!片山が首位に返り咲く

★★★

高橋さんブログより

紅葉前線が南下してきて紅葉狩りにいい季節になりましたね。各地で様々なイベントが開催されているようです。

選挙も始まってしまいましたね。私は今回の選挙はいきなりという感じだったのでびっくりしています。

とある有名代議士の地元で、一騎打ちになってしまったものですから、街中の人たちは結構うるさいと感じているかもしれないなあと思います。いずれにしても自分の持っている一票、良く考えて決めて投票したいと思っています。

ちなみに畑と田んぼしかないわが自宅周辺には選挙期間中もほとんど広報車は来ませんので、静かなものです。これに慣れてしまうと余計街中の喧騒を避けたくなります。

さて、今回は笑いと楽観についてです。
気難しい顔をしている人、悲しそうな顔をしている人より、笑顔の人のほうが話しかけやすいですよね。親しみも感じます。

でも気難しい顔をしている人、悲しい顔をしている人にもきっとその目的はあるんです。

実家の父はいつも気難しい顔をして本を読んでいる人です。
気難しさに相手を寄せ付けない、フランクに話しかけられない雰囲気をかもしています。それは基本的に今もそうですが、それがその目的かなと思います。

また人によっては「賢そうに見える」「頭がよさそうに見える」「自分はあなたたちとは違います。」アピールなんて、いろいろ出てきそうです。

実父が笑顔になるときは、自分の期待通りの答えが相手から出てきたときで、それ以上でもそれ以下でも駄目です。

それ以下だと「見下し」という態度にでるし、それ以上だと「からかい」という態度に出ます。だからとっても面倒くさい。(笑)

それで他者関係が良好になるかというと否です。これもある意味自分で選択している方法なので、皆さんの周りにそういう方がいらしたら観察してみるといいです。

そういう父が絶対君主の家庭で育ったので、私は子供のころから自宅で「笑う事」を良しとされてこなかった。下手に笑うと「何がおかしい?」と恐ろしい顔でツッコミが来る。笑うことを無理に封印してきたこと結構あるなと思っています。

そういえば、大学の時によくあっていた幼馴染の同級生の男性がいたんですけど、その人に「笑わない方がいい」と言われたことがあり、今思うとその人は自分が一緒にいる女性に対して「見栄え」ばかりを気にする人だったなと。。

結婚相手に選んだ人はいわゆる「美人でスタイルのいい人」ってのが彼の報告電話でしたので60近くなって「容色はいずれ衰えるものよ」と、今どうしてるんだろうって思わないでもない。(笑)

勉強会やセミナーに来てくださっている方はお分かりでしょうけど、私は本当に良く笑います。
「笑いと楽観」は自分を勇気づけることになるのでアドラーを学んでからは大いにそうすることに決めて久しいです。で、それはとても自分らしいと感じています。

今週ある出来事で主人が元気がなくてちょっと話を聞きました。

自分の言葉を曲解されて悪くとられたらしい。。これは人間関係で良くあることで、アドラーの認知論で考えるとそれぞれ言われたことを他者はその人なりの私的論理で意味づけしますので当然と言えば当然起こり得ることですよね。

よくよく聞いてみると「当たられた」という感じなので、「あなたは当たる相手として選ばれたんだねえ。」と言いましたらびっくりしていました。

「選ばれた?」

「そう、当たる方だって誰彼かまわず当たるわけではない。この人なら当たっても許してくれる、大目に見てくれる、当たっても大丈夫と思ったからあなたを選んだんだと思うよ。」

「そうかあ、そういうこともあるんだなあ。。」

「そういう考え方で行くと相手は面白くないことを誰かに当たって気持ちを軽くしたかったんだと思うの。ってことはさ、あなたは当たられ役として相手に貢献したとも言えるね。」

「あ・・・・そう考えればいいのか。。。」

そこまで話して2人で大笑い。

問題になったその人に関しては同僚の先生がフォローを引き受けてくれたそうだし、今回の義父の葬儀等に関してもたくさんの仲間の先生方がフォローしてくれてあなたは仲間に恵まれているということも言及しました。

すっかり気持ちが軽くなって元気を取り戻した主人でしたが、1人で考えていればこういう発想には絶対に行かないのですよね。

他者と関わることには確かに恐れ、傷つきも付きまといますが、得られることも多いんです。

笑いと楽観に満ちた場でアドラーを学ぶ仲間の力を借りて問題に向き合う意味はこういうところにあると言えます。

今悩んでいることのある方はぜひアドレリアンの集う場にいらして気持ちを楽にしてみて欲しいというのは、自分には辛い側面しか見えていないけれども、その中にも良き側面や希望が必ずある、ということに気が付いていただけるということ。

いつまでも同じところにいれば自分は変わらない、その代わりに悩み続ける。

思いきって足を運んで一歩を踏み出すことで違うこれからの自分になる勇気を持っていただけるんだがなあと思っています。

寒くなってきたのにまた台風が発生したようですね。

そうでなくても近年自然災害による被害があちらこちらで出ておりますので、ちょうどこちらは秋の実りの時期ということもあり、これ以上収穫の時期を直撃しないでくれればいいなあと案じています。皆様もどうぞお気をつけて。。

さて先日の日曜日横浜に研修を受けに日帰りで行っておりました。最近私の周りでもリーダーの資格を取られる方が増えて頼もしい限りではありますが、自分の振り返りの機会は自分で作らないとと常に思っております。

また新たなインプットをして、それをさらに皆様にアウトプットできることはこういう仕事をしておりますと必要なことでもあります。

アドラー心理学の世界も、野田俊作、岩井俊憲先生と言った第一世代から、梶野真、八巻秀、深沢孝之先生といった第二世代に受け継がれる時期に入ったなあと感じています。

特に梶野先生は、本場の北米アドラー大学院で学んでこられ、これからのアドラー心理学界を牽引していかれる方ですから、今後は第二世代の先生方から大いに学びたいものだと私自身もとても楽しみにしています。

講座は期待以上の大変実りの多いものでしたので、いずれ皆様にご提供する予定でおります。

さてその講座でのこと、自分の感じている自分と他者の感じている自分はずいぶんギャップがあるなあと。。

これはまさに認知論なんでしょうけど。(笑)
ずいぶん「高橋さんは00である。」と思い込まれているなあと。。(^0^;

「00さんは00である。」と思い込んでいると相手の言動がすべてそう見える、、そしてさらに確信を強める、、という循環がそこにはできるんですよね。。

「めんどくさいことは嫌」が基本的な私です。だから以前は「あ〜めんどくさ!!」が口癖でした。

さすがにアドラーを学び始めてからはそれは他者に使うのはよろしくないと思ったので、封印しましたが。。。封印したらそう思うこともほとんどなくなりました。

でも昨夜また姑が来週の月曜日の法事について「団子」の話を持ち出し、さらに「ちゃんとしないと言われるから」と言い出したので、久々に「あ〜めんどくさ!!」と思いました。もちろん姑に面と向かっては言いませんでしたけどね。

姑はどうしてそう思うかというと「ちゃんとした人」という他者評価をもらっているうちに自分はそうでなきゃ、そうしなきゃと思い込んでそう行動するようになった。それがそのうちに自分になった、、かな・・と。
今はそうすることで自分を保っているんだろうなと言えます。

これは他者基準で物事を決めて行動しているということになるので、本当は自分はどうしたいのか・・・は多分自分の中で封印されていて、本人もわからないでいるんだろうなと感じています。

で自分の評価に戻りますけど「パワフルだ」とか「エネルギッシュだ」という他者の感想が多いなと感じています。

姑と私の一番の違いは、
「本当はやりたくないけど他者に言われるのが嫌だから、という他者評価で行動している」のが姑。

「自分がやりたいからやっているので、その結果他者にどう思われるかは相手が決めることなのであまり気にしていない」のが私。

他者評価はあくまで相手の個人的な意見・評価であり、自分とイコールになる、もしくはイコールにする必要はない。。

「優しい人だね」と言われたからといって「優しい人でいなきゃ。。」と思わなくていいし「優しい人」にことさらにならなくていい。。

「嫌な人だね」と言われたからといって、自分が嫌な人であるとは限らない。。

単なる意見なんである。。それをどう自分の中に意味づけするかは自分次第なんですよね。

その通りにするのも、その通りにしないのもすべて自己決定。

だから「他者評価と現実の自分のギャップを気にせずに楽しむ」ようになったのはアドラーのおかげです。

だから「パワフルだ」と言われても「ああ、そう見えるのね。。笑」で終わりです。私の場合にはね。

ことさらに他者評価を気にすることがなくなり自分基準で生きられるようになるのは、アドラーを学ぶ一番のメリットかなと。特にこういった田舎では。。

そういう意味で「自分らしさ」や「自分基準」を大事にしながら他者と協力的に生きるアドレリアンが増えていくことは、東北でも生き易い人が増えることになると感じています。

「相手への配慮ができること」と「相手の基準に従って生きる」ことは別物だということはお分かりになりますよね。自分がどう行動しようと、言う人は言うし、言わない人は言わない。ですものね。

「言われる」をことさらに気にすること、で「生き難い」んだけど、、でもそれによるメリットもきっとあるんだろうなあ。。とそんなことも考えた出来事でした。

他者の行動を目的論で考えることはあっても、自分の行動を目的論で考えるってそういえばあまりないかも。。です。いつか勉強会で取り上げてみたいテーマです。

今回もお読みいただきありがとうございました。



posted by リョウママ at 23:00 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。