2016年10月04日

10/4・・徒歩の日・イワシの日

加藤諦三・〆の言葉bot ‏@kato_taizo_bot ・ 43分43分前
子育てで大切なことは親の意識ではなく、親の無意識です。


加藤諦三・〆の言葉bot ‏@kato_taizo_bot ・ 6時間6時間前
すぐに逆上する人は、相手が弱いと思ったときに逆上します。




2016.10.4(火)

朝5時・・真っ暗だ・・
大根を煮ているところ・・

CIMG1184.JPG

夕飯はハヤシライス・・ハヤシライス卵のせ|レシピ|ゆとりの空間オフィシャルサイト・・・CIMG1185.JPG

CIMG1186.JPG。。。今読んでいる本「平松洋子 味なメニュー」と今日借りてきた本

★★★

真矢ミキ、川谷絵音を「ウツボカズラみたい」と批判

真矢は、川谷について「反省が足りない〜」と、ゲスの極み乙女。の楽曲「ロマンスがありあまる」のフレーズを替え歌にしてバッサリ。「ウツボカズラみたいじゃないですか、食虫花(植物)。周りの人を巻き込んで自分は成長していっちゃうというか」と語った。

 さらに真矢は、あらためて聞いてみたという川谷の音楽について「バランスの悪い青年とか、人が成長する段階のときに聞きたくなる音楽」とし、「だからいつもバランス悪く、彼はそのために立ち位置にいるのかな。だからこういうこともひとつひとつ勉強して学ばないのかな。色んな人をまきこんじゃったなっていうことで次の一歩を踏まない方なのかな」と、音楽から川谷の人間性を分析した。

2016-10-03 22:56
川谷絵音、活動自粛を謝罪 未成年との飲酒は「事実」と認める
ロックバンド「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」のボーカルを務める川谷絵音(27)が3日、交際が報じられた未成年のタレント・ほのかりん(19)と飲酒したことを「事実」と認めたうえで、12月3日に東京・Zepp Tokyoで行われるゲスの極み乙女。のライブ終了後をもって、当面の間、活動を自粛することを発表した。
 川谷は公式サイトで「この度、わたくし、川谷絵音が未成年者と飲酒を共にしたという事実が報道されました。僕の軽率な行動によりファンの皆様を失望させてしまった事、活動を共にしているバンドメンバーや関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛け致しました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪。
 「この事実を深く反省し、indigo la End、ゲスの極み乙女。両バンドとも現在ご案内済みの公演を終えた後、当面の間活動を自粛させて頂く事に致しました。indigo la End、ゲスの極み乙女。の音楽を楽しみに待ってくれているファンの皆様には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。心よりお詫び申し上げます」と続けた。
 さらに、自身のツイッターも更新。「12/3のZepp Tokyo公演をもって、indigo la End、ゲスの極み乙女。は当面の間ライブ活動を自粛致します。いつも応援してくれているファンの皆様、本当に申し訳ございません」とショックを受けているファンにお詫びしたが、「必ず戻ってくるので、待っていてください」との呼びかけが賛否両論を呼んでいる。


2014

IMG_20141004_061848.jpg

2013.10.4

10/4・・ 徒歩の日

日常生活で歩く週間を取り戻し、健康になろう。10と4の語呂合わせから。

イワシ(鰯・いわし)の日

 大阪府多獲性魚有効利用検討会(大坂おさなか健康食品協議会)が1985(昭和60)年に制定しました。
 「1(い)0(わ)4(し)」の語呂合わせです。
 大阪湾でイワシ類が大量に獲れることから、安くておいしいヘルシーフーズとして認識してもらうことが目的です。

10月4日 イワシの日 <366日への旅 記念日編 今日は何の日>

image1004.jpg・・・ハンバーグ、ししとう、卵焼き、大学いも、菊、ひじき煮

★★2010年

「連続テレビ小説」「大河ドラマ」が好調なワケ
地獄耳 テレビ各局「女子アナ桃色戦国絵巻」(3)
「ゲゲゲ」は最高視聴率で終了 「龍馬伝」はジリジリとダウン
浅井三姉妹はや人気 大河ドラマ控えキャラ使用申請

★★★

posted by リョウママ at 23:00 | 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日は何の日?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新型ワクチンQ&A…1回接種3600円

)新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)

感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia